公明党トップ / ニュース / p172464

ニュース

2021年6月21日

山口代表の街頭演説(要旨)

東京の未来を築く 
都議会公明 抜群の政策実現力 
他党にないネットワークで

公明党の山口那津男代表は、7月4日(日)投票の東京都議選で23氏全員の当選をめざし、感染防止対策を講じて都内各地で開かれた街頭演説会で、党の実績や政策などを力強く訴えています。ここでは、その要旨を紹介します。

ワクチン接種加速、確保から一貫推進

全国で新型コロナウイルスのワクチン接種が本格化しています。各自治体での接種に加えて、国の大規模接種センターや企業・大学などでの職域接種が“車の両輪”となって加速化しています。このワクチン確保に道を開き、安定的な供給と、迅速かつ円滑な接種を一貫して推進してきたのが公明党です。

思い返せば、昨年の7月ごろまで国は、ワクチン確保に手をこまねいていました。公明党の参院議員が国会で海外製のワクチン確保へ手を打つべきだと訴え、国を動かして複数の製薬会社との契約を後押ししました。その結果、今では国内の希望者全員分の確保にめどが立ち、台湾やベトナムなどにも届けています。

新型コロナを乗り越えるには、国内の希望する全ての人が確実に接種することが必要です。このため、無料で接種できるよう、実施主体となる区市町村の費用も含めて国が負担することを公明党が提案し、実現に導きました。さらには、副反応が心配な人のために、国が十分な補償を行う救済制度も確立するなど、命と健康を守るために全力を挙げています。

都民の生活向上へ緊密な連携と団結

公明党の持ち味は、国と地方が団結して政策を実現していく「ネットワークの力」にあります。ワクチン接種も、地域によって実情が異なることから、都議会公明党が区市町村議員と緊密に連携し、各自治体の取り組みを支えています。例えば、ワクチン接種会場に自力で行けない人に対する医師や看護師の訪問接種も公明党の実績の一つです。

このほか都議会公明党は、国と連携して待機児童解消に向けた保育所増設や、私立高校授業料の実質無償化の対象拡大などを推進してきました。こうしたネットワークを生かした政策実現力は他党にはない大きな力です。今後も公明党は、この力を都民のために生かしていく決意です。

声届かぬ都ファ

一方で他党はどうかと言えば、都議会第1党の都民ファーストの会は、区市町村にほとんど議員がいません。国会議員もいないため、現場の声を吸い上げて実現することは困難です。

有権者をごまかす立憲、共産の協力

また、立憲民主党は、共産党と“選挙協力”を行っていますが、両党の政策の違いはハッキリしており、有権者へのごまかしだと言わざるを得ません。ワクチン接種の体制整備の財源を盛り込んだ2020年度第3次補正予算に反対したのも立憲民主、共産両党です。予算に反対しておきながら、国のワクチンの進め方は遅いと言うのは、全く筋が通らない話と言えます。

さあ、いよいよ各党がしのぎを削る都議選が25日(金)に告示を迎えます。公明党の予定候補23人は、いずれも大変厳しい情勢です。どうか、皆さまの力で公明党予定候補を押し上げてください。心からお願い申し上げます。

【目黒区】「区内のコロナワクチン接種率を全国屈指の高さにまで推進してきた」と力を込める斉藤やすひろ都議(左)と山口代表=20日

【北多摩3区】「安全・安心な街づくりへ、ワクチン接種、生活支援、水害対策などをさらに前に進める」と訴える中島よしお都議(右)=同

【大田区】「災害に強い大田区をつくり、都民の命を守るため防災・減災対策を進める」と決意を述べる玉川ひでとし氏(右)=同

【大田区】「公明党のネットワークの力を生かして医療・福祉の充実に全力を尽くす」と力説する、かつまた さとし氏(左)=同

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア