公明党トップ / ニュース / p171586

ニュース

2021年6月18日

東京五輪 “安心”実現へ発信せよ

政府・組織委・都 国民に分かりやすく 
山口代表ら強調

中央幹事会であいさつする山口代表=17日 党本部

公明党の山口那津男代表は17日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、東京五輪・パラリンピックでの新型コロナウイルス対策について、「政府と組織委員会、東京都の3者が、国民に情報を提供して、具体的に分かりやすく説明していく必要があると、強く申し上げたい」と強調した。

また、一部政党が大会の中止を求めていることには、「極めて非現実的であり、国民の不安をあおりかねない主張だ」と批判。さらに政府はじめ3者に「感染を防止して、安心の開催をどう実現するかが問われている。国民に具体的で説得力のある情報提供を求めていきたい」と重ねて訴えた。

一方、北側一雄副代表(中央幹事会会長)は同日の記者会見で、先日の先進7カ国首脳会議(G7サミット)で各国首脳から開催支持があったことなどを踏まえ、「国際社会に大会の成功は約束していることだ。国の威信として、何としても成功させなければならない」と述べるとともに、「ただ、やり方は考えないといけない。感染防止に最大限の知恵と工夫で安全・安心な大会にしていくべきだ」との考えを示した。

その上で、「今、この段になって中止だとか延期だとか言うのではなく、開催を大前提にした上で、いかに開催国として運営し、成功させていくかだ。政府からも国民に安心してもらえるよう、感染防止対策をしっかり発信することも大変重要だ」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア