公明党トップ / ニュース / p170002

ニュース

2021年6月12日

障がい者の交通便利に

党プロジェクトチームと部会、赤羽国交相に要望
こいそ都議が同席

公明党バリアフリー施策推進プロジェクトチームの石川博崇座長と杉久武事務局長(ともに参院議員)、岡本三成国土交通部会長(衆院議員)は11日、国交省で赤羽一嘉国交相(公明党)に対し、障がい者への公共交通サービス改善に向けて要望した。こいそ善彦都議(都議選予定候補=町田市)と、DPI日本会議の佐藤聡事務局長、町田市知的障がい者育成会の桑江孝和会長らが同席した。

石川座長らは、関東ICカード相互利用協議会が2022年度後半をめどに、交通系ICカードの利用時に障がい者割引の適用を自動的に受けられるサービスを始めると発表したことに言及し、確実な実施に向けた後押しを要請した。

また、▽特急車両への車いす用スペース導入に向けた検討の加速化▽ウェブで障がい者用の乗車船券の予約・決済の実現▽精神障がい者割引の導入促進――を求めた。

障がい者用ICカードに関して、桑江会長は「公明党に相談する中で、ここまで前進した。新しいサービスが使いやすいものになってほしい」と語った。

この後に行われた省内の会議で赤羽国交相は、障がい者用ICカードの導入などの実現に向けて着実に取り組むよう指示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア