公明党トップ / ニュース / p169628

ニュース

2021年6月10日

接種加速へ課題解決

加藤都議、大学活用の会場調査 
東京・墨田区

小嶋事務長から話を聞く加藤都議(左)=9日 東京・墨田区

公明党の加藤まさゆき都議(都議選予定候補=墨田区)は9日、東京都墨田区で新型コロナワクチンの個別接種会場として活用している千葉大学墨田サテライトキャンパスを訪れ、墨田中央病院の小嶋和樹事務長から話を聞いた。

墨田中央病院は現在、病院で通常診療を行う一方、同会場で65歳以上の高齢者を対象に1日約150人の接種を実施している。視察では、医師による予診や副反応に備えた15分の待機時間の様子などを確認した。

小嶋事務長は「今後、一般接種の開始に伴い、接種人数を増やすことになると、都や区から医師らの応援が必要な事態も想定される」と話した。

加藤都議は「課題や改善点をしっかりと受け止め、都や区と連携していく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア