公明党トップ / ニュース / p169040

ニュース

2021年6月7日

党公式チャンネル動画

山口代表らが分かりやすく語る 
対話に活用しよう

動画投稿サイト「ユーチューブ」の公明党公式チャンネルで5月に公開された新作動画が好評です。対話に活用できる都議会公明党などの動画のポイントを紹介します。

ワクチン接種が本格化

「ワクチン接種が本格化 都政改革の“要”は都議会公明党」が5月25日から公開中です。

山口那津男代表が、昨年7月に公明党が国会質問で政府から「予備費を活用してワクチンの確保を果断に進める」との答弁を引き出したことを契機に、海外ワクチン確保への道筋が開けたことを紹介。「この去年の取り組みがあったればこその今のワクチン接種」と力説しています。

また、今回のワクチン接種が無料で行われていることについて「公明党が強く政府に要求した」と紹介するとともに、被害者救済制度を整えるよう、コロナワクチンを予防接種法に位置付けさせたのも公明党の働きと強調しています。

その上で、公明党は国と地方議員がネットワークを生かし、それぞれの力を組み合わせて、大きな力を発揮していると言及。中でも、都議会公明党は都政改革の“要”であり、児童手当や私立高校授業料の実質無償化など、“東京発”の政策として全国に広がった点を伝えています。

東京の未来を開く!

「東京の未来を開く! ~都議会公明党の挑戦~」(約12分)は、公開1カ月で再生回数が20万回を超えています。

最初に新型コロナワクチンの確保・接種に道を開いた公明党の闘いを振り返ります。続けて、コロナ禍克服に挑む都議会公明党の奮闘が多岐にわたり紹介されています。例えば議員報酬の2割削減をはじめとする「身を切る改革」で浮いた経費により、高齢者・障がい者施設の利用者や職員へのPCR検査費用を賄うことができた実績などです。

また、都議会公明党が新たに掲げた政策目標「チャレンジ8」を解説しています。第2子の保育料無償化、高校3年生までの医療費無償化、高齢者向け肺炎球菌ワクチン接種費用の無償化という“3つの無償化”を中心に説明しています。

都議会公明党の政策実行力に期待を寄せる識者の声も盛り込まれています。

医師・秋野参院議員が解説

医師で元検疫官の秋野公造参院議員が専門家の視点から「変異株とは何か? その対応策は?」をテーマに語っています。

秋野氏は、ウイルスが増殖する際、一定の割合で遺伝情報の複製ミスを起こすことで、「感染力が上がったり、抗体をすり抜けたり、環境に適応したものが残っていく」と説明。新型コロナウイルスも同様に、複製ミスにより変異し、日常茶飯事のように起きていると指摘。そうした中で、特徴を変える変異株が発生していると述べています。

また、秋野氏は、変異株の感染症対策について「対策自体に変更はない。マスク着用や換気、手洗い・消毒をしっかりすることが重要」と解説。「変異が治療薬に影響を与えているという報告はない」と指摘した上で、「感染を抑えることが変異の発生を抑えること」と強調しています。

そのほか、「公明党が考える変異株への対応策は?」の問いについても解説しています。

都議選、激戦に挑む党予定候補
人柄・政策・実績が5分で分かるアピール動画を公開中!

都議選で激戦に挑む公明党予定候補のアピール動画が、動画投稿サイト「ユーチューブ」の党都本部公式チャンネルで公開中です。視聴時間はいずれも4~5分で、予定候補の人柄や政策、実績などが分かり、対話への武器になります。

各予定候補のアピール動画はこちらから
https://youtube.com/user/tokyokomei

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア