公明党トップ / ニュース / p168170

ニュース

2021年6月2日

「結果出す政治」貫く

都議選勝利へ党幹部は訴える 
最も現場を駆け回り課題解決 
太田昭宏 全国議員団会議議長

政治は結果であり、政治家は仕事ができるかが大事だ。政治家の仕事は、議会で発言することだけではない。現場を駆け回って生活現場で悩んでいる方々に寄り添い、課題を解決するために汗を流す。そして、議会での発言を実現するために、水面下で手を打ち、首長などとの調整を何度も行い、最後は予算を付けていく。こうした闘いで結果が出せるのが本当の政治家であり、都議会公明党だ。

例えば、東京都北区では、新型コロナウイルスワクチンの円滑な接種に向けて、接種会場への移動が困難な要介護認定者や高齢者施設入所者をタクシーやバスで無料送迎する支援事業が実現した。公明党議員が水面下で複数のタクシーやバス会社のほか、国土交通省などとも打ち合わせを重ね、丁寧に議論を積み上げてきた結果だ。

また、豪雨災害などが激甚化・頻発化する中、公明党は荒川や隅田川などの氾濫対策に尽力してきた。国会議員と地方議員が緊密に連携して河川の水位などを監視するカメラを設置。また、荒川の上流域に調節池ができるよう何度も現場に赴いて関係者との調整を行うなど着実に整備が進みつつある。

一方、都民ファーストの会は、議員は多いが、考え方がバラバラで団結ができない。“自分党”ばかりの集団がこの4年間で何の仕事をしてきたのか。あらゆる施策の裏付けとなる予算案に反対する共産党が仕事をしたと言えるのか。

真面目で何事にも一生懸命、最も現場を歩き、都民の期待に応えられるのが都議会公明党の一貫した姿勢だ。コロナ禍の今こそ、仕事ができる公明党議員を都議会に送り出していきたい。厳しい戦いではあるが、多くの方からご支援をいただき、公明党予定候補を押し上げてほしい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア