公明党トップ / ニュース / p166829

ニュース

2021年5月27日

困窮者への支援金 必要

LGBT法案成立に向け努力 
竹内政調会長

記者会見で見解を述べる竹内政調会長=26日 衆院第2議員会館

公明党の竹内譲政務調査会長は26日、衆院第2議員会館で記者会見し、コロナ禍を受けた生活困窮者支援について、緊急事態宣言が3度発令され、影響が深刻化していることを踏まえ、「特例的な支援金の創設が必要だ」と力説した。

竹内政調会長は、これまで政府が困窮者支援策として、生活資金を提供する緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付制度を講じてきた経緯に言及。その上で、貸し付けが限度額に達している困窮者がいる現状を指摘し、「現場から悲痛な叫びがたくさん寄せられている。セーフティーネットとして(支援金を)設けていくことが必要だ」と述べた。

併せて、生活資金の特例貸付制度や住居確保給付金の再支給、雇用調整助成金の特例措置などの支援策が6月末で終わることに言及し、支援策の期限延長も訴えた。

一方、LGBTなど性的少数者への理解増進を目的とした法案(議員立法)について、竹内政調会長は「人権を最大限尊重するSDGs(持続可能な開発目標)の理念からしても必要だ」と強調し、「わが党としては、何とか成立に向けて努力したい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア