公明党トップ / ニュース / p165796

ニュース

2021年5月21日

“開かずの踏切”改良早く

東京・調布市の指定箇所視察 
赤羽国交相、岡本氏、中島都議

「つつじケ丘5号」踏切の前で長友市長(左端)から話を聞く(右隣から)赤羽国交相、岡本、中島の両氏ら=20日 東京・調布市

赤羽一嘉国土交通相(公明党)は20日、4月1日に施行された改正踏切道改良促進法に基づき「改良すべき踏切道」の第1弾として指定された「つつじケ丘5号」踏切(東京都調布市)を視察した。公明党の岡本三成衆院議員と中島よしお都議(都議選予定候補=北多摩3区)、地元市議が同行した。

現地で説明を行った同市の長友貴樹市長は、京王線・柴崎駅に近接する同踏切について、1時間当たりの踏切遮断時間がピーク時で40分以上に上る“開かずの踏切”であり、自動車の渋滞や歩行者の滞留が発生していると説明。事故のリスクが高く、災害時の避難で遠回りする必要があるといった問題点を指摘した。

視察後、赤羽国交相は「街づくりや防災の観点からも踏切の改良は大事だ。国・都・市で連携し、しっかりと前に進めていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア