公明党トップ / ニュース / p164492

ニュース

2021年5月14日

迅速な接種体制築け

電話相談窓口の増強など

公明党は13日、新型コロナウイルスワクチンの円滑かつ迅速な接種体制構築に向けて、各地で緊急要望を行った。

井戸知事(右)に要望書を手渡す伊藤幹事長(中)ら=13日 兵庫県庁

【兵庫県】兵庫県議会公明党・県民会議(伊藤勝正幹事長)は13日、県庁内で井戸敏三知事に会い、新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望を行った。

伊藤幹事長らは、①医療提供体制の強化、自宅療養から宿泊療養施設への受診推進②「中小企業月次支援金」の要件緩和など地域産業への支援拡充③新型コロナ健康相談コールセンターの受信回線増強④大学生、専門学校生への感染予防呼び掛け強化――などを求めた。

井戸知事は宿泊療養の受診勧奨など、「対策の徹底に努めていく」と応じた。

山崎区長(左から4人目)に要望書を手渡す細田総支部長(右隣)=13日 東京・江東区

【東京・江東区】東京都の公明党江東総支部の細田いさむ総支部長(都議、都議選予定候補=江東区)は13日、区役所内で山崎孝明区長に対し、区民が安心して新型コロナワクチン接種ができるよう、個別接種が受けられる医療機関のさらなる拡充など計8項目を求めた。

山崎区長は「しっかりと受け止め、対応していく」と答えた。

神谷市長(左から4人目)に緊急要望を行う党市議団の近藤幹事長(右隣)ら=13日 千葉市

【千葉市】公明党千葉市議団(近藤千鶴子幹事長)は13日、市役所で神谷俊一市長と会い、新型コロナワクチンに関する明確な接種計画を策定し、予約体制の充実など柔軟かつ効率的に運用することを求めた。さらに、接種会場までの移動が困難な人に対する訪問接種など市医師会との連携強化、大規模接種センターの周知を強調した。

緊急要望する県議会公明党議員会の高崎幹事長(右から2人目)ら=13日 茨城県庁

【茨城県】茨城県議会公明党議員会(高崎進幹事長)は13日、県庁内で木庭愛県保健福祉部長に、大井川和彦知事宛ての新型コロナワクチン接種に関する緊急要望書を手渡した。この中で同会は「各市町村と連携した接種体制強化と、副反応に関する電話相談窓口『県新型コロナワクチンコールセンター』の相談体制強化を」と訴えるなど計7項目を求めた。

木庭保健福祉部長は「しっかり受け止め、検討していく」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア