公明党トップ / ニュース / p164313

ニュース

2021年5月13日

安全保障 多国間協調で

党調査会 
植田元EU次席大使が講演 

植田氏(右)の講演前にあいさつする山口代表ら=12日 衆院第2議員会館

公明党外交安全保障調査会(会長=佐藤茂樹衆院議員)は12日、衆院第2議員会館で、植田隆子元外務省欧州連合(EU)日本政府代表部次席大使から、「インド太平洋地域の国家間対立を緩和する措置について」をテーマとした講演を聴いた。山口那津男代表らが参加した。

植田氏は、日本を含めたインド太平洋地域の安全保障環境について、米中対立の激化で「日本の安全保障環境が厳しくなっている」と指摘した。

その上で、同地域での紛争防止へ、対立関係にある国も含めた多国間対話によって信頼を醸成する「協調的安全保障」の構築で「自国の安全保障に危機感を持っている日本がリードすべきだ」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア