公明党トップ / ニュース / p162810

ニュース

2021年5月4日

コロナ対応 国会の機能が大事

必要な法律・予算、確実に成立 
NHK「憲法特集」で北側副代表

公明党の北側一雄副代表(憲法調査会長)は3日、NHK番組「憲法記念日特集」に出演し、コロナ禍における憲法の課題に関して、見解を述べた。

北側副代表は、憲法が保障する国民の権利と「公共の福祉」のバランスをどう取っていくかを問われ、「政府や地方自治体の仕事として、コロナの感染拡大を防止していくことは今、喫緊の課題だ。そのために国民の皆さまの活動に一定の制約をお願いすることは、やむを得ない」と指摘。その上で、「そこで生じる損害を国がしっかり支援していくことが大事だ。これからも、しっかり皆さまの声を頂戴しながら、やっていきたい」と力説した。

また、コロナ禍だからこそ必要な法律や予算を確実に成立させるべきだとの考えを示し、そのためにも「国会がしっかり機能していくことが大事であり、今の憲法規定の中に問題がないか議論を進めていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア