公明党トップ / ニュース / p16261

ニュース

2018年11月22日

「もったいない」広げよう

食品ロス削減でイベント 
東京・渋谷区

販売会に訪れた竹谷さん(中央)と渋谷区議会公明党のメンバー

東京都渋谷区でこのほど、食品ロス削減を啓発するイベント「しぶや・もったいないマーケット」が区美竹の丘・しぶやなどで開催され、区内外からの来場者でにぎわった。

公明党食品ロス削減推進プロジェクトチーム(PT)の竹谷とし子座長(参院議員)と区議会公明党(沢島英隆幹事長)のメンバーが参加した。

会場では、割れてしまい、お店で出せなくなったクッキーや賞味期限が近いパンなどの販売会、形が悪いなど規格外の野菜を使った料理教室、ドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映などが実施された。料理教室の参加者は「野菜の根っこや葉など、今まで、使えるものも捨てていたのだと感じました」と感想を語っていた。

また、区内の小学生から募集していた「食品ロスを減らすための標語」の表彰式が行われ、最優秀賞に『ムダにしない/気持ちが大事/わたしから』が選ばれた。表彰式であいさつした竹谷さんは、標語について「食品ロス運動の原点となる言葉だと思います」と語り、食品ロス削減に向けた一人一人の心掛けの重要性を強調した。

区議会公明党は議会質疑などを通じ、一貫して食品ロス削減を訴え、同イベントの開催も推進してきた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア