公明党トップ / ニュース / p162474

ニュース

2021年5月3日

憲法の3原理を堅持

公明、各地で街頭演説

3日の憲法記念日を前に、公明党は1日と2日、各地で街頭演説会を開催した。

憲法3原理の堅持を訴える斉藤副代表(中)=2日 広島市

【広島】斉藤鉄夫副代表は2日、広島市安佐南区の街頭演説会で「日本国憲法の3原理は、これからも変えてはならない」と強調。中でも恒久平和主義に言及し「核兵器廃絶は公明党の原点だ。被爆地ヒロシマの議員として全力で取り組む」と訴えた。

また、「新型コロナから国民の命を守るため、引き続き円滑なワクチン接種を進めるとともに、国産ワクチンの開発・生産に向けた体制の整備に全力を挙げていく」と力説した。

地元公明議員と街頭演説する石田副代表(左から2人目)=2日 徳島・阿南市

【徳島】石田祝稔副代表は2日、徳島県阿南市など県内4カ所で開催された党徳島県本部(代表=長尾哲見前県議)の街頭演説会に参加した。

石田氏は、「国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義という憲法3原理は、未来永劫にわたって変えてはならない」と力説し、当初想定していなかったプライバシーや環境問題など、必要な項目を付け加える加憲の必要性を指摘した。その上で「公明党は政府与党の一角として、諸課題への取り組みを責任を持って進めていく」と訴えた。

防災・減災・復興の加速を訴える若松氏(中央)ら=2日 福島市

【福島】党福島県本部(代表=今井久敏県議)は2日、福島市で街頭演説会を開催。若松謙維参院議員、伊藤達也県議と地元市議らが出席した。

若松氏は「基本的人権の尊重」など憲法3原理に言及し「自然災害を軽減することが憲法の方向性だ」と強調。その上で「昨日も宮城で震度5強の地震があった。国民の命を守るため、防災・減災・復興の加速へ総力を挙げる」と訴えた。

恒久平和への決意を述べる谷合氏(左から5人目)ら=1日 岡山市

【岡山】谷合正明参院幹事長と平林晃・党デジタル社会推進本部事務局次長は1日、岡山市内の街頭演説会であいさつした。

谷合氏は「公明党は憲法3原理を堅持し、平和の党として使命と責任を果たしてきた」と強調。「命と生活を守るため新型コロナ対策や気候変動問題、核兵器の廃絶に取り組む」と訴えた。平林氏は「デジタル技術を生かした社会の構築に全力で働く」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア