公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p16107

ニュース

2018年11月20日

目標達成へ 結束し挑戦

公明新聞拡大 12月の集中期間で 
党都本部機関紙購読推進委

12月の「集中期間」で目標達成を誓い合った党都本部の購読推進委員会=19日 党本部

公明党東京都本部(代表=高木陽介衆院議員)は19日、東京都新宿区の党本部で機関紙購読推進委員会を開き、12月の「機関紙拡大運動 集中期間」について、「分会10ポイントの達成」「総支部、支部で有権者比1%をめざす」との目標を確認し、結束して挑戦することを誓い合った。

あいさつした高木美智代・党機関紙推進副委員長(衆院議員)は、公明新聞について、平和安全法制や軽減税率などの政治課題に対する党の見解を正確に伝えるなど、一般紙で報道されない公明党の動きや魅力が凝縮されていると力説。「公明新聞は対話の最大の“武器”であり、購読推進は党勢拡大のバロメーターだ」と語り、公明新聞「PR版」も活用した購読推進を呼び掛けた。

高木都代表は「来年の統一地方選、参院選に向け、集中期間を大勝利しよう」と強調。栗林のり子・都機関紙推進委員長(都議)は、議員を先頭にした購読推進を訴えた。また、遠田宗雄・府中市議が公明新聞で党理解の輪を広げている様子を活動報告した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア