公明党トップ / ニュース / p160252

ニュース

2021年4月23日

事業者支援  強化せよ

緊急事態宣言 きょう決定 
時短協力金 地方負担 配慮を 
「まん延防止」外出自粛の影響も対象に 
公明、政府に要望

政府は23日、新型コロナウイルスの感染が再拡大する東京都、大阪府、京都府、兵庫県を対象に、3度目となる緊急事態宣言の発令を決定する。公明党の竹内譲政務調査会長らは22日、首相官邸で加藤勝信官房長官に会い、同宣言の発令や「まん延防止等重点措置」の適用地域で影響を受ける事業者支援の強化に関する緊急要望を申し入れた。加藤官房長官は「要望を受け止め、できるものから速やかに取り組む」と応じた。

加藤官房長官(右から2人目)に緊急要望する竹内政調会長(左隣)ら=22日 首相官邸

要望には、党一時金等中小事業者等支援チーム座長の浜田昌良参院議員、同経済産業部会長の中野洋昌衆院議員が同席した。

席上、浜田座長は、緊急事態宣言の発令に関して、感染拡大防止の実効性を高めるため、「休業要請などを行った際に影響を受ける事業者への支援策を早急に検討し、明らかにすべきだ」と力説。また、まん延防止等重点措置が適用されている地域の事業者などに対し、さらなる支援が必要だと強調した。

浜田座長は、同措置に伴う経済的支援に関して、飲食店の時短営業で影響を受ける中小事業者向けの支援金の対象に言及。外出自粛に伴い人の流れが減少することで影響を受けた事業者が支援対象に含まれていないことから、「対象とするよう早急に検討すべきだ」と訴えた。

このほか要望では、「一時支援金」の申請について、提出書類を簡素化するなど申請者の負担軽減に配慮するとともに、オンライン申請が苦手な事業者へのサポートを強化するよう求めた。

時短営業に応じた飲食店への協力金などに充てられる自治体向けの「地方創生臨時交付金」については、全国知事会からの要請もあり、時短要請に伴う協力金などによる財政負担への懸念が示されていることから、国として引き続き配慮するよう要望した。

中小企業の事業転換を促す「事業再構築補助金」に関しては、新分野への展開などに意欲を示す事業者の実態に合わせて幅広く支援できるよう運用の見直しを主張した。

政府は、緊急事態宣言に伴う具体的な感染対策として、飲食店での酒類提供停止や、大型商業施設への休業要請などを検討している。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア