公明党トップ / ニュース / p159817

ニュース

2021年4月21日

訴える!都議選予定候補(2) 大松あきら 現

水害防ぐ調節池を整備 
北区=定数3

大松あきら 現

「感染症や自然災害の猛威で先の見えない時代だからこそ、命と暮らしを守る政治が欠かせない」。この思いで、私は4期16年の経験を生かし、庶民目線の都政改革に取り組んでいます。

これまで、荒川や石神井川の上流で一時的に水をためて氾濫を防ぐ調節池の整備促進、スーパー堤防建設などの防災・減災対策を実現。今後、女性に配慮した避難所運営なども進めます。

新型コロナ対策では、ワクチンの接種会場までのタクシーによる移動支援を北区で実現するなど、皆さまが安心できる体制確保へ日々動いています。

駅での転落を防ぐホームドア設置も訴え、区内のホーム12カ所にまで増設。住人の高齢化が進む都営住宅をさらに住みやすくするため、区内ではエレベーターなど300カ所以上のバリアフリー化も前進させています。安心と希望に満ちた街へ、北区の未来を開いてまいります。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア