公明党トップ / ニュース / p159637

ニュース

2021年4月20日

公明実現の「高等教育無償化」 進学率を押し上げ

住民税非課税世帯で 
文科省推計

公明党のリードで2020年度から開始した、大学や専門学校など高等教育の無償化(修学支援新制度)により、対象となっている住民税非課税世帯の進学率が押し上げられていることが分かった。文部科学省が13日に発表した推計によると、同世帯の20年度の進学率は48~51%で、無償化開始前の18年度と比べて7~11ポイント上昇した。

高等教育無償化の概要

文科省の推計について公明党の浮島智子文科部会長は、「高等教育無償化が経済的事情による進学断念を防ぐ効果を発揮していることが確認できた」と力説し、「今後、中間所得層も含めた教育費負担のさらなる軽減に取り組みたい」との意欲を示した。

高等教育無償化は、公明党が17年度に創設を実現した返済不要の「給付型奨学金」と、公明党が粘り強い取り組みで充実させてきた「授業料減免」を対象者・金額ともに大幅拡充する形で20年度からスタート。対象者は、住民税非課税世帯と、それに準じる世帯となっている。

文科省によると20年度に無償化の対象となったのは約27万2000人で、このうち新入生は約10万8000人。新入生へのアンケート調査では、高等教育無償化がなかったら、「進学をあきらめた」が34.2%、「今の学校より学費や生活費がかからない学校に進学した」が26.2%に上った。萩生田光一文科相は13日の記者会見で「真に支援が必要な子どもたちの進学の後押しになった」と強調した。

また、公明党の強い主張で、生計維持者の死亡や傷病、失業、被災などにより家計が急変した学生を無償化の対象とする特例措置が設けられており、文科省によると、新型コロナウイルスの影響などで家計が急変し、無償化の対象となったのは約4000人だった。

来年度入学生の申請、近く開始

高等教育無償化のうち給付型奨学金は、進学した後の「在学採用」と進学予定の高校3年生などの「予約採用」があり、採用されると授業料減免の対象にもなる。来年度入学生の「予約採用」は、今月下旬から申請開始となっており、手続きなどは在籍する高校(卒業後2年を経過していない浪人生は原則、卒業した高校)への確認が必要。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア