公明党トップ / ニュース / p159398

ニュース

2021年4月19日

1人に1台 端末配備

鰐淵氏、中学校で課題を調査 
京都・舞鶴市

タブレット端末の充電保管庫の説明を受ける鰐淵氏(右端)ら=17日 京都・舞鶴市

公明党の鰐淵洋子衆院議員(文部科学大臣政務官)は17日、京都府舞鶴市の市立白糸中学校(廣瀬直樹校長)を訪問し、同市の奥水孝志教育長や廣瀬校長らと、1人1台の端末を配備するGIGAスクール構想などを巡り、学校現場での率直な声を聞いた。地元公明市議が同行した。

GIGAスクール構想について奥水教育長らは、期待を示した上で、回線使用料や数年後に見込まれる端末の更新費用について、国の財政支援を求めた。小学校高学年を対象にした教科担任制に関しては、授業の充実が図れる一方、個別の子どもをよく知った上での教育という面で課題もあると指摘した。

鰐淵氏は、「教員が子どもたちに向き合う時間の確保や、環境整備に取り組みたい」と話した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア