公明党トップ / ニュース / p158355

ニュース

2021年4月13日

魅力ある街づくりへ

赤羽国交相 ハレザ池袋など視察 
岡本氏、長橋都議が同行

福居代表取締役副社長から話を聴く赤羽国交相(中央)、岡本氏(左端)、長橋都議(右隣)=12日 東京・池袋

赤羽一嘉国土交通相(公明党)は12日、東京・池袋で、魅力ある街づくりの一環として整備された「ハレザ池袋」などの施設を視察した。

公明党の岡本三成衆院議員、長橋けい一都議(都議選予定候補=豊島区)らが同行した。

ハレザ池袋は、豊島区と民間企業が連携し文化拠点として整備した複合施設。施設内にある劇場「東京建物Brillia HALL」で応対した東京建物株式会社の福居賢悟代表取締役副社長は、同劇場で宝塚歌劇やミュージカルなどが行われていると説明した。

続いて一行は、防災公園「イケ・サンパーク」や小学校低学年や障がいのある子ども向けの「としまキッズパーク」などを視察。こうしたスポットを結ぶ電気バス「IKEBUS」にも乗車した。

赤羽国交相は「(各地に)横展開していくべき素晴らしい事例だ」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア