公明党トップ / ニュース / p158209

ニュース

2021年4月11日

財政支援 充実に道筋

フリースクール関係者と懇談 
佐賀市で下野氏

フリースクールの担当者と意見交換する下野氏(右から2人目)ら=10日 佐賀市

公明党の下野六太参院議員は10日、佐賀市大和町にある不登校の児童や生徒が通うフリースクール「しいのもり」を訪れ、運営する「社会福祉法人緑光舎」(藤崎博喜理事長)の関係者と意見交換した。中本正一県議と村岡卓市議が同行した。

フリースクールを管理する河野由美子さんは、「行政からの財政支援がないため、数年で運営できなくなるフリースクールが多々ある」と窮状を説明。福岡県などで実施されている「フリースクール支援事業補助金」を佐賀県でも導入するよう求めた。

下野氏は、「国が県や市と連携し、財政支援の道筋を付ける必要がある」と主張。「文部科学省と協議し、支援制度の導入を粘り強く求めていく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア