公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p15783

ニュース

2018年11月16日

コラム「北斗七星」

子育て奮戦中の娘から孫を預かってほしいと頼まれることがある。愛らしい孫と一緒にいられるのはうれしいが、今の子育ては昔と違うことも多く、心配な一面も…◆ある情報サイト運営会社の調査(今年9月)によると、子育て世代の8割以上が祖父母の育児参加に賛成している。その一方で、4割が祖父母の育児に対する考え方にギャップを感じていることが分かった。例えば「自分が使ったスプーンや箸で直接、子どもにあげようとしたりする」などだ◆娘にこの話をしたら、「『祖父母手帳』が参考になるわよ」と。祖父母世代の“孫育て”を応援するため、今の子育てに役立つ情報を載せた冊子だ。公明党の推進もあって各自治体で発行が広がっている。その先進例ともいえる、さいたま市の祖父母手帳を同市ホームページからダウンロードした◆子育ての新常識、孫を事故から守る例といった情報が満載で、特に驚いたのが「子育ての昔と今」の部分。昔は抱き癖をつけるからダメと言われた抱っこだが、今は「人への信頼感が育つなど心の成長に大切」と解説。うつぶせ寝、離乳食などの今昔にも納得させられた◆育児への手助けを求める子育て世代は数多い。祖父母手帳もしかり。公明党は、その思いに寄り添うきめ細かい支援策の前進に汗していきたい。(翼)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア