公明党トップ / ニュース / p157389

ニュース

2021年4月7日

大雪で果樹被害 迅速な支援を

酪農家団体、分割に懸念 
稲津氏

質問する稲津氏=6日 衆院農水委

6日の衆院農林水産委員会で公明党の稲津久氏は、政府の規制改革推進会議の会合の中で、生乳流通の競争を促すため、指定生乳生産者団体の分割が必要だとする意見が出たことに言及。個々の酪農家は価格交渉上、乳業メーカーに対して弱い立場にあることから分割への懸念を示し、農水相の見解を求めた。

野上浩太郎農水相は「指定団体を分割すれば、乳業メーカーに対する酪農家の価格交渉が弱体化する恐れがある」との認識を示し、分割の意見が出た経緯などを踏まえ「課題を見極め対応を検討する」と答えた。

一方、稲津氏は、大雪により北海道岩見沢市などで果樹の被害が発生したことに関し、被害果樹の植え替えや、未収益期間に要する経費の助成など国の支援策の周知徹底と迅速な対応を要望した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア