公明党トップ / ニュース / p157076

ニュース

2021年4月4日

安全・安心の街つくる

都議選予定候補 街頭で訴え

公明党東京都本部(代表=高木陽介衆院議員)は3日、都内各地で街頭演説会を開き、7月4日投票の都議選に向け実績を訴えた。

都政をリードしてきた党の取り組みを訴える高倉都議=3日 東京・中野区

【中野区】高倉良生都議(都議選予定候補=中野区)は中野駅前で、新型コロナ感染者を受け入れる専用病院の開設や、集中豪雨対策として神田川・環状七号線地下調節池を整備してきたことに触れ「安全・安心な中野の街をつくるため全力を尽くす」と訴えた。

「命を守る政策を進めていく」と決意する大松都議=同 北区

【北区】大松あきら都議(都議選予定候補=北区)は赤羽駅前で「命と安全・安心の暮らしを守るのが政治の責務」と強調。高齢者・障がい者施設でのPCR検査費助成など都議会公明党の実績に触れながら「あらゆる手でコロナに歯止めをかける」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア