公明党トップ / ニュース / p155883

ニュース

2021年3月30日

コラム「北斗七星」

もうすぐ新年度が始まる。新しいランドセルを背負う小学1年生が上級生と一緒に通学する姿はほほえましく、明るい気持ちになる。ランドセルの色もカラフルになった◆日本鞄協会ランドセル工業会の2020年4月に小学校へ進学する児童を持つ人を対象にした調査によると、色の人気は男児は黒、紺、ブルー、女児は赤、紫・薄紫、ピンクの順。購入金額の平均は5万3600円だという◆ランドセルは日本独自のもので、歴史は1887年(明治20年)までさかのぼる。大正天皇が学習院に入学する際、伊藤博文が箱形の通学かばんを献上したのが始まりで、両手が自由に使えるなどの長所から小学生の通学かばんとして広く普及した(同工業会)◆すでに22年度入学する子どもの「ラン活」(ランドセルを選び、購入するための活動)が始まっている。ラン活ほどではないが、使い終えたランドセルの活用も注目されてきている◆一つはリメイク。ランドセルメーカーや革の専門店などで財布や名刺入れ、キーホルダーなどにして再利用する。もう一つは、発展途上国などの子どもたちに届ける団体への寄付だ。日本のランドセルは素材も良く丈夫なので、十分に役目を果たせるという。大切にしてきたランドセル、捨てるのであれば活用を考えてみてはどうか。(越)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア