公明党トップ / ニュース / p153989

ニュース

2021年3月17日

コロナ対応の新車両

赤羽国交相、斉藤副代表ら UDタクシーを視察

UDタクシーを視察する赤羽国交相(右)、斉藤副代表ら=16日 国交省

赤羽一嘉国土交通相(公明党)は16日、国交省で、新型コロナウイルス対策を施した、車いすのまま乗り降りできるユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)の新車両に試乗するとともに、関係者と意見交換した。公明党の斉藤鉄夫副代表と竹内真二参院議員が同行した。

赤羽国交相らは、全国ハイヤー・タクシー連合会の川鍋一朗会長の案内で、車内に完備された高性能フィルター搭載の空気清浄機や、空気の清浄状態を分かりやすく表示するモニターなどの設備を視察。また、改良により、短時間で設置できるようになった車いす用のスロープも確認した。

国交省は、新技術を活用して感染症対策を強化するバスやタクシー事業者に対して、今年度第3次補正予算で機器の導入費用などを補助している。

赤羽国交相は、「利用者の目線に立ったさまざまな工夫が凝らされていた。厳しい状況の中で公共交通を担う事業者をしっかりと支援していきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア