公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p15353

ニュース

2018年11月9日

日本一安全な学校へ

浮島副大臣に大阪・高槻市長 老朽化対策で要請 
ブロック塀倒壊事故を教訓に

濱田市長(左から2人目)らの要請を受ける浮島副大臣(左端)=8日 文科省

浮島智子文部科学副大臣(公明党)は8日、文科省で、大阪府高槻市の濱田剛史市長から学校施設の老朽化対策など安全確保に向けた支援を求める要請を受けた。浮島副大臣は「しっかり取り組みたい」と応じた。杉ひさたけ(参院選予定候補=大阪選挙区)、石川博崇の両参院議員、地元市議が同席した。

濱田市長は、今年6月に発生した大阪府北部地震で学校のブロック塀が倒壊し、同市の女子児童が死亡した事故について「命が守れず痛恨の極みだ」と表明。学校など公共施設のブロック塀を全て撤去する方針を説明した。

その上で、学校ブロック塀の対策費などを盛り込んだ2018年度補正予算の成立に謝意を示し「国などの支援も頂きながら教訓を生かした日本一安全な学校をつくりたい」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア