公明党トップ / ニュース / p153057

ニュース

2021年3月12日

風化防止 誓い合う

政府主催 式典に山口代表ら出席

東北地方を中心に未曽有の被害が出た東日本大震災から10年を迎えた11日、政府主催の追悼式が東京都千代田区の国立劇場で営まれた。天皇、皇后両陛下、菅義偉首相ら三権の長、公明党の山口那津男代表、石井啓一幹事長のほか、遺族代表ら約210人が出席。地震発生時刻の午後2時46分に全員で黙とうし、犠牲者に哀悼の意をささげるとともに、風化の防止を誓い合った。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止されたため、2年ぶりの開催。政府主催の追悼式は今回で最後となる。

首相は式辞で「復興は着実に進展している」と強調。一方でコロナ禍もあり住民生活はなお苦しいとして「福島の本格的な復興・再生、東北復興の総仕上げに全力を尽くす」と表明した。

天皇陛下はお言葉で、「被災した地域の人々に末永く寄り添っていくことが大切であると思います」と述べられた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア