公明党トップ / ニュース / p151975

ニュース

2021年3月5日

医療体制 再構築せよ

ワクチン 国際貢献さらに 
参院予算委で西田参院会長、佐々木氏

参院予算委員会は4日、菅義偉首相らが出席して2021年度予算案に関する基本的質疑を行い、公明党の西田実仁参院会長、佐々木さやか氏が質問に立った。西田、佐々木両氏は新型コロナウイルス対策に関して、感染拡大で逼迫する医療提供体制を再構築していく重要性を強調。ワクチンの円滑な接種に向けた高齢者、障がい者への配慮や情報発信の強化も主張した。

質問する西田参院会長(右)佐々木氏=4日 参院予算委

西田氏は、医療提供体制の改善に向けた国民会議の設置を提案。国を挙げて医療資源の最適配分について検討するよう求めた。菅首相は「国と地方、医療関係者が緊密に連携し、必要な体制の確保を進めたい」と答弁した。

ワクチンの共同調達・供給の国際枠組み「COVAXファシリティー」では、西田氏が、日本の資金拠出をさらに増やすよう主張。茂木敏充外相は「引き続き、できる限りの貢献をしていく」と答えた。

困窮者支援、住まい確保でURの活用を

コロナ禍の影響で住まいの確保が困難な困窮者への支援について西田氏は、都市再生機構(UR)賃貸住宅の活用を要望した。赤羽一嘉国土交通相(公明党)は、URの空き住戸を活用して「NPO法人などが安い家賃で貸し、就労などの自立支援を行う仕組みを4月から実施できるように調整中だ」と応じた。

また西田氏は、休業手当を受け取れない人を対象とする休業支援金の周知徹底を要請。併せて、感染拡大の影響を受ける非正規労働者の状況を適切に分析し、政府一体で対応するべきだとして「首相はリーダーシップの発揮を」と訴えた。

一方、佐々木氏は、来年4月からの「18歳成人」に伴う少年法改正に関して、可塑性(立ち直りの可能性)の観点から、成人とは異なる健全育成や矯正のための対応が引き続き必要だと訴えた。萩生田光一文部科学相は、18、19歳も引き続き高校中退者などへの学習相談・支援の対象に位置付けていく考えを表明した。

流産や死産を繰り返す不育症に関し佐々木氏は「治療と仕事の両立について当事者からヒアリングを行い、実効性のある対策を」と提案。田村憲久厚生労働相は、関係者から意見を聴取する意向を示した。

さらに佐々木氏は、女性の貧困対策として、生理用品の無償配布などを検討するよう要望した。

接種事業、障がい者らに配慮

各自治体が担う新型コロナウイルスワクチン接種事業を巡って西田、佐々木両氏は、高齢者や障がい者が円滑に接種を受けるための体制整備を支援するよう訴えた。これに対し河野太郎ワクチン接種担当相は、必要な費用について「国が全額負担する」と表明した。

西田氏は、移動が困難な高齢者や障がい者について、ヘルパーが接種会場まで案内したり、施設で接種したりする取り組みが重要だと指摘。佐々木氏は「接種券などが入った封筒に点字を」と力説し、視覚障がい者らへの配慮を求めた。

また西田氏は、接種の前日や当日に本人へ確認の連絡をする重要性を強調し、予約システムを構築する自治体への支援を要請した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア