公明党トップ / ニュース / p151317

ニュース

2021年3月1日

上層階に防災備蓄倉庫

UR賃貸住宅を視察 
東京・北区で岡本氏ら

備蓄倉庫前で住民と懇談する岡本氏(右から3人目)、太田議長(左隣)=28日 東京・北区

公明党の岡本三成衆院議員は28日、東京都北区神谷の都市再生機構(UR)賃貸住宅「神谷堀公園ハイツ」の3号棟に、このほど設置された災害時用の備蓄倉庫を視察し、住民と懇談した。太田昭宏全国議員団会議議長、地元区議が同行した。

同ハイツは、近くを隅田川が流れており、ハザードマップでは3階部分まで浸水する可能性が指摘されている。備蓄倉庫は、12階のエレベーターホールに設けられた。

設置に当たっては、同ハイツ自治会から要望を受けた岡本氏がUR側に伝えて実現。岡本氏は「公的な団地で広げていける工夫だ。建物の改修時には集会所も上層階に移設して避難スペースとするなど、垂直避難の体制を充実させていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア