公明党トップ / ニュース / p150895

ニュース

2021年2月26日

社会的孤立 焦点は女性、子どもら

“寄り添う支援”広げて 
党対策本部で識者

オンラインで識者の講演を聞いた党対策本部=25日 参院議員会館

公明党社会的孤立防止対策本部(本部長=山本香苗参院議員)は25日、参院議院会館で会合を開き、放送大学の宮本みち子名誉教授と認定NPO法人「スチューデント・サポート・フェイス」の谷口仁史代表理事から、孤立対策に関する講演をオンラインで聴いた。

宮本氏は、コロナ禍の影響について、従前から生活が不安定だった女性や子ども、若者たちに「真っ先に表れた」として、焦点を当てて支援する必要性を強調。特に困窮する母子家庭や家庭を持てていない非正規雇用の女性、親に頼れない若者らに対する支援策が十分でなく、孤立者の増加が懸念されると指摘した。

谷口氏は、自らが佐賀県で支援機関と連携して展開している子ども・若者へのアウトリーチ(訪問)支援活動を踏まえ、本人や家族が抱える複合的な課題解決に向けた“寄り添う支援”の大切さを力説。従来型の公的支援では、支援を必要とする人に対して「カバー率が低い」と指摘し、アウトリーチ活動強化や専門人材の育成を進めるよう訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア