公明党トップ / ニュース / p150725

ニュース

2021年2月25日

接種会場に百貨店も

古屋副代表 市長らと意見交換 
神奈川・横須賀市

上地市長(右)と意見交換する古屋副代表=24日 神奈川・横須賀市

公明党の古屋範子副代表は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、百貨店などに集団接種の会場を設ける方針の神奈川県横須賀市を訪れ、市役所で上地克明市長らと接種に向けた準備状況や課題を巡り意見交換した。

同市は、かかりつけ医など診療所での個別接種を中心に進めるとともに、市街地の百貨店「さいか屋」と駐車場が広い横須賀アリーナで集団接種を行う方針。上地市長は「市民が安心して接種場所を選択できるよう調整したい」と述べた。

市の担当者は、個別接種では「約140の医療機関から協力を得られる見通しだ」とし、集団接種に関しては「さいか屋は買い物や通勤のついでに立ち寄りやすい。横須賀アリーナは福祉タクシーなどでの来場にも適している」と説明した。

また、接種済みの証明書を提示することで、市内の店舗で特典を受けられる仕組みを検討しているとして「落ち込んだ地域経済を取り戻したい」と話した。

古屋氏は「取り組みを後押ししたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア