公明党トップ / ニュース / p150210

ニュース

2021年2月22日

4車線化 早期に着手

赤羽国交相 福島沖地震の復旧で明言 
常磐道相馬―新地IC

常磐道相馬―新地ICの復旧現場を視察する赤羽国交相(中央)ら=21日 福島・相馬市

赤羽一嘉国土交通相(公明党)は21日、福島県庁で内堀雅雄知事から同県沖を震源とする地震に関して緊急要望を受けた。これに対し、同地震による土砂崩れで17日まで通行止めとなっていた常磐自動車道の相馬―新地インターチェンジ(IC)間を早急に4車線化すると明らかにした。

赤羽国交相は、同区間が暫定2車線であることに触れ、「4車線なら、通行止めは回避できたのではないか。早期に事業着手できるよう指示した」と語った。

また、東京電力福島第1原発事故の被災地を通る常磐道・広野―浪江IC間の4車線化についても来年度内の事業化をめざすと明言。「政府にとって東日本大震災からの復興は1丁目1番地のテーマだ。できるだけのことをやりたい」と、復興加速への決意を述べた。

赤羽国交相は、相馬―新地IC間の復旧現場を視察したほか、JR福島駅東口の高速バス乗り場で、一部区間運休に伴う東北新幹線の代替輸送の状況を調査。公明党の伊藤達也、真山祐一の両県議が同行した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア