公明党トップ / ニュース / p149725

ニュース

2021年2月18日

接触アプリ不具合 迅速な改修進めよ

厚労省に求める

公明党の厚生労働部会は17日、参院議員会館で、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を通知するスマートフォン向けアプリ「COCOA」について、一部端末で昨年9月下旬から接触があっても通知しない問題で厚生労働省に対し、迅速な改修を進めるよう求めた。

席上、伊佐部会長らは「国民の命に関わる問題だ。二度とあってはならない」と指摘。厚労省は「深くおわび申し上げる。現在、アプリの改修を進めており、早く解消できるよう最大限、努力している」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア