公明党トップ / ニュース / p149676

ニュース

2021年2月18日

早期復旧へ自治体支援

福島沖地震 受験生、事業者に配慮 
官房長官に党対策本部が要請

加藤官房長官(中央)に緊急要請する大口本部長(左隣)ら=17日 首相官邸

福島県沖を震源とする地震で福島、宮城両県を中心に大きな被害が出たことを受け、公明党の災害対策本部(本部長=大口善徳衆院議員)は17日、首相官邸で加藤勝信官房長官に緊急要請を行った。早期復旧に向けた自治体への財政支援や受験生、事業者へのきめ細かな対応が柱。加藤官房長官は「被害の実態をよく調査した上で、しっかりと対応したい」と述べた。

席上、大口本部長は、被災自治体への財政支援として、特別交付税の配分などで配慮を要望。被害の全容把握に努めるとともに、余震による津波や土砂災害に備えて注意喚起を強化することも訴えた。

一方、被災地域の受験生の受験機会を確保するため、全国の国公私立大学に対し、追試や別日程への振り替え受験の情報を速やかに周知するよう働き掛けを要請。東北新幹線の早期復旧と代替輸送の確保に全力を挙げることも求めた。

事業者に対しては、地震とコロナ禍の二重苦に直面しているとして、これまでの中小企業向け「グループ補助金」制度を拡充し、柔軟化した「なりわい再建補助金」の適用を提案した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア