公明党トップ / ニュース / p148312

ニュース

2021年2月8日

需要創出のサポートを

稲津氏 花き農家と意見交換 
北海道岩見沢市

西村会長から話を聴く稲津氏(中央)ら=7日 北海道岩見沢市

公明党の稲津久衆院議員は7日、北海道岩見沢市の農業生産法人「株式会社JAKE」を訪れ、新型コロナウイルス感染拡大による花き農家などへの影響について話を聴いた。これには地元市議が同行した。

西村公一代表取締役会長は、コロナ禍により各種イベントが軒並み中止になったことで花の出荷が激減した中、国の持続化給付金を申請して事業を継続してきたことを説明。さらに、2020年度補正予算に盛り込まれた「高収益作物次期作支援交付金」を申請したことに触れ、「新たな需要創出など、将来的な支援に力を入れてほしい」と話した。

稲津氏は「現場の声を聴きながら、支援策を検討していきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア