公明党トップ / ニュース / p147329

ニュース

2021年2月3日

宿泊・自宅療養 充実を

調査・研究、国が積極的に 
特措法改正案が参院審議入り 
秋野氏 

質問する秋野氏=2日 参院本会議場

新型コロナウイルス対策の実効性を高めるための特別措置法や感染症法などの改正案が2日、参院本会議で審議入りし、公明党の秋野公造氏が質問に立った。

秋野氏は、今回の改正案で宿泊療養・自宅療養の法的根拠を示したことに触れ、「訪問診療と訪問看護を組み合わせるなど療養の質を上げた政省令やマニュアルの改正が必要だ」と指摘した。

田村憲久厚生労働相は、宿泊療養などに関する基準を定める省令改正を行い、マニュアルなどで示すことを検討していると明らかにした。

また、秋野氏は、感染症に関する国の調査・研究について、国が積極的に臨床研究も含めて実施する必要性を強調した。

これに対し、田村厚労相は「国として調査・臨床研究を積極的に推進していく」と答えた。

さらに、秋野氏は、改正案で明示された医療機関や医療従事者に対する支援について、個人防護具やマスクの十分な確保が含まれているかを聞くとともに、一定程度は国産で確保するよう求めた。

これに対し、菅義偉首相は、「マスクなどの個人防護具の確保は医療機関などに対する支援に該当する」と答弁し、国内生産体制の確保への取り組みを進めていくと述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア