公明党トップ / ニュース / p146999

ニュース

2021年2月2日

市町村へ医師派遣せよ

ワクチン接種体制強化を要請 
都議会公明党が小池知事宛てに

多羅尾副知事(右から3人目)に要望する都議会公明党=1日 都庁

東京都議会公明党(東村くにひろ幹事長)は1日、新型コロナのワクチン接種体制に関して、島しょ部など医療資源や財政面で限りがある市町村を支援するよう都庁内で小池百合子知事宛てに緊急要望した。

席上、東村幹事長らは、「市町村で通常業務とワクチン接種業務を並行すると、現状の医療提供体制を圧迫しかねない」と指摘。円滑な接種に向け自治体への医師や看護師の派遣など、国と連携した人的支援の実施を提案した。

さらに、島しょ部へのワクチンの運搬について、海上搬送は天候の影響を受けやすいことから、自衛隊に協力を要請し、安定したワクチン供給ができるよう体制確保を要請した。また、ワクチン接種に関する情報を市町村へ速やかに共有することを求めた。

応対した多羅尾光睦副知事は、「全面的に応援していきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア