公明党トップ / ニュース / p146705

ニュース

2021年2月1日

新型コロナ そこが知りたい!

心の不調に気付いた場合は 
早めに専用窓口へ相談 
厚労省サイト 電話・SNSなど案内

特設サイト「まもろうよ こころ」はこちらから

コロナ禍の長期化に伴い、ストレスや不安を感じる人が増えています。それらが重なり、心の不調に気付いたときには、早めの相談が大切です。周囲の人に話せず、生きづらさを抱える人のため、厚生労働省は、専門の相談窓口などの情報を分かりやすくまとめた特設サイト「まもろうよ こころ」を開設し「気軽にご相談ください」と呼び掛けています。

同サイトでは、電話で話したい人向けに、社会的包摂サポートセンターによる「よりそいホットライン」や、都道府県・政令市が運営する相談機関につながる「こころの健康相談統一ダイヤル」などを案内。それぞれ専門スタッフが応対し、悩みを聞き取って、解決方法を一緒に探します。

電話で話しづらい場合は、LINEなどの会員制交流サイト(SNS)や、オンラインチャットなどの相談先もあります。同サイトでは、四つのNPO法人がそれぞれ運営する相談先を2次元コード付きで掲載しています。

このほか、法律、金融などの困り事を相談できる法務省所管の「法テラス」や金融庁の「金融サービス利用者相談室」などを案内。自殺の危険を抱えた人に気付いて適切に関わる「ゲートキーパー」についても周知し、研修用テキストなどを閲覧できるようになっています。

どこに相談したらいいか分からないときは、同サイトからアクセスできる「支援情報検索サイト」が便利です。電話やメール・SNSなどの方法別、地域別のほか、悩みの種類、キーワードから相談先を検索することができます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア