公明党トップ / ニュース / p146526

ニュース

2021年2月1日

ワクチン接種を円滑に

体制構築へ市長と意見交換 
札幌市で稲津氏

秋元市長(右端)と意見交換する稲津氏(左から2人目)ら=31日 札幌市

公明党の稲津久衆院議員は31日、札幌市役所内で秋元克広市長と会い、新型コロナワクチンの接種体制整備について意見を交換した。国安政典、前川隆史の両市議が同席した。

秋元市長は、専任の職員を配置してワクチンの接種体制構築に当たっている現状を説明。コロナ感染症をはじめ通常の医療体制を維持しながら、人口約200万人を対象とした、かつてない規模での集団接種になることを踏まえ、「医師や看護師、会場の確保が大きな課題となっている」と述べた。

さらに秋元市長は、「接種を円滑に進めるには、公共施設などだけでは足りず、ホテルなど民間の大規模施設を借り上げる必要がある」と指摘。その費用について財政的な支援を要望した。

これに対し稲津氏は、人員や会場の確保に関わる経費負担を強く国に求める考えを強調。さらに、「実施主体となる各自治体の実情に合わせ、きめ細かい支援をしていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア