公明党トップ / ニュース / p144315

ニュース

2021年1月28日

県産品を給食に提供

調理師会がレシピ集作成 
愛知県

レシピを手渡す鈴木会長(中央)と岡(右端)、萩原(左端)両県議ら

一般社団法人「愛知県調理師会」の鈴木良昌会長と鳥居久雄副会長は先ごろ、県農業水産局の中根俊樹局長を県庁に訪ね、県産地鶏の名古屋コーチンなどの学校給食用レシピ集を手渡した。公明党の岡明彦、荻原宏悦の両県議が同席した。

県はコロナ禍による外食する機会が減り打撃を受けている県内畜産農家・食肉事業者を支援するため、名古屋コーチン、県産牛肉、ウナギの3品目について、希望する公立小中学校などの給食に無償で提供している(3月まで)。レシピ集には名古屋コーチンのグリル、ホイコーローなど8種類の料理を載せた。中根局長は「大変にありがたい。教育委員会などに提供して有効に活用したい」と話した。

党県議団(市川英男団長)は昨年6月、水産加工業、養殖業などへの支援拡充を大村秀章知事に要望。岡県議は、学校が食材を活用するためのレシピ作成を県調理師会に提案していた。これに応じた同会が社会貢献事業の一環としてレシピ集を提供した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア