公明党トップ / ニュース / p143259

ニュース

2021年1月27日

ワクチンの安全・有効性

丁寧な発信に努めよ 
副反応など 政府は情報提供を 
記者会見で山口代表

記者会見で見解を述べる山口代表=26日 衆院第2議員会館

公明党の山口那津男代表は26日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、新型コロナウイルスのワクチンの安全性・有効性について「国民に分かりやすく丁寧に説明し、国民に安心の見通しを早く示せるようにしていく政府の対応が重要だ」と力説した。山口代表の発言は大要、次の通り。

【ワクチン接種】

一、ワクチンが有効で安全なものであることを具体的な情報・裏付けを持って説明することが大事だ。ワクチンに対する国民の期待は高いが、副反応に関心を持つ人もいる。政府は日本で使用する同種のワクチンに関する外国での報告も含め、国民の不安や恐れが生じないよう丁寧な説明をしてもらいたい。

一、接種は、医療従事者や高齢者、基礎疾患のある方など優先順位を付けて行われる。国民一人一人がいつ、どのように受けられるのか分かりやすく説明し、おおよその見通しを事前に早く分かるようにすることが重要だ。

一、ワクチン接種の実施主体は市区町村だ。大都市や地方都市、過疎地、離島などでは、さまざまな状況の違いがあり、生活状況も年齢構成も違う。そうした点を踏まえて、各地域で円滑に実施できる体制を整える必要がある。

一、政府は接種状況を把握する新しいシステムの構築を検討している。3カ月間での2回接種を予定していると言われるが、「誰が受けていないのか」「他の自治体に移動した場合のフォローができるのか」など緻密に準備を進めないといけない。

【新型コロナ対策の特措法などの改正】

一、事前の与野党協議を踏まえて政府案が決定されたと認識しているが、さまざまな意見があるので丁寧な協議を尽くしてもらいたい。罰則については「なぜ設けるのか」「どういう効果を目的としているのか」などを見極めることが重要だ。基本的人権の尊重というベースで必要最小限の目的が達せられる罰則であるべきだ。与野党協議で幅広い合意をつくり、妥当な結論を導いていただきたい。

「説明に万全期す」
加藤官房長官

自民・二階俊博、公明・石井啓一の両党幹事長は26日、国会内で会談し、新型コロナウイルスのワクチン接種について、政府が情報提供を丁寧に行う必要性を確認した。

会談には、加藤勝信官房長官が出席。加藤氏はワクチン接種について、国民への情報提供に万全を期す考えを示し、米英の製薬会社3社と契約した3億1000万回分のワクチン供給が円滑に実施されるよう準備を進めていると語った。

一方、加藤氏は、米国でバイデン新政権がスタートしたことを踏まえ、日米首脳による電話会談を調整していると報告した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア