公明党トップ / ニュース / p142370

ニュース

2021年1月23日

条約発効は重要な一歩

被団協の集会で力説 
谷合氏

集会前に被団協の関係者と懇談する谷合氏(左端)=22日 衆院第2議員会館

公明党の谷合正明参院幹事長は22日、衆院第2議員会館で、核兵器禁止条約の発効を記念して開催された日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の集会に出席し、あいさつした。

谷合氏は、これまでの被団協の活動に敬意を表明した上で、同条約の発効について、「核廃絶へのゴールに向けた重要な一歩だ」と力説。核廃絶に向けて、今後も被団協との連携を強化し、力を合わせて取り組みを進めていきたいと強調した。

被団協側は、集会に出席した各党の代表者に対し、国会で日本の同条約参加に向けた審議を行うよう求めるとともに、「国会審議を行うに当たっては、被爆者を招いて意見陳述の機会を作ってもらいたい」と要請した。

集会には、国連の中満泉事務次長(軍縮担当上級代表)がビデオメッセージを寄せた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア