公明党トップ / ニュース / p141825

ニュース

2021年1月22日

日米首脳会談を早く

山口代表 国際協調の道筋示せ 
バイデン米大統領就任

党参院議員総会であいさつする山口代表=21日 国会内

公明党の山口那津男代表は21日午前、国会内で開かれた党参院議員総会であいさつし、バイデン米大統領、ハリス副大統領の就任に祝意を示した上で、「一刻も早く菅義偉首相が大統領と電話会談を行って信頼関係を築き、そして早期に米国を訪問し、日米同盟の基盤を一層強固にしてもらいたい」と訴えた。

山口代表は、バイデン大統領が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰や、世界保健機関(WHO)への関与などを打ち出したことに触れ、「一つ一つ国際協調、多国間主義を慎重に打ち出していく姿勢の表れだ。日本の方向性と一致するところもある」と強調。「多国間主義という両国の大きな路線に沿って、まずは新型コロナウイルスの克服に向けて連携を密にし、世界の国々と協力しながら乗り越えていく道筋をしっかり描いてほしい」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア