公明党トップ / ニュース / p141651

ニュース

2021年1月21日

農業ハウス補助手厚く

大雪被害で農水相に要望 
党部会

野上農水相(右から4人目)に緊急要望する稲津部会長(左隣)ら=20日 農水省

記録的な大雪で各地の農林水産業に被害が生じている事態を受け、公明党農林水産部会(部会長=稲津久衆院議員)は20日、農水省で野上浩太郎農水相と会い、農業用ハウスなど施設の再建に手厚い補助を求める緊急要望書を手渡した。熊野正士農水大臣政務官(公明党)が同席した。

席上、稲津部会長は、「被害は現在進行形で広がっている。被災農家に対してしっかりと支援をお願いしたい」と強調。農業用ハウスが倒壊したり、ハウス内のトラクターなど農機具が損傷する事例が相次いでいるとして、修理や解体・撤去費用に十分な補助を講じるよう要請した。また、早期の経営再建に向け、農業共済や収入保険、農林漁業セーフティネット資金の迅速な実行も求めた。

野上農水相は、「農林水産業への影響を最小限にするよう、適切に対応したい」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア