公明党トップ / ニュース / p141644

ニュース

2021年1月21日

特措法 早期成立が重要

閣議決定後も柔軟に対応 
北側氏

記者会見で見解を述べる北側氏=20日 党本部

公明党の北側一雄中央幹事会会長(副代表)は20日、東京都新宿区の党本部で記者会見し、新型コロナウイルス対策の特別措置法や感染症法などの改正案について、「閣議決定後も野党の声を聞き、必要があれば改善、見直していくことは全く否定されるものではない。早く成立させるのが重要だ」と強調した。

この中で北側氏は、これらの法案を与野党の協議会で議論してきたことに言及。「罰則がクローズアップされているが、それ以外の大事な項目で与野党で対立しているところはそれほどない」と述べ、今後の与野党協議でも「柔軟な対応をしていかないといけない」との認識を示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア