公明党トップ / ニュース / p140995

ニュース

2021年1月19日

宿泊・自宅療養 質の確保急げ

医療体制巡り政府に訴え 
党合同会議

宿泊・自宅療養の質確保などを政府に訴えた党合同会議=18日 参院議員会館

公明党新型コロナウイルス感染症対策本部「まん延防止・医療提供体制チーム」(座長=高木美智代衆院議員)と医療制度委員会(委員長=秋野公造参院議員)は18日、参院議員会館で合同会議を開き、政府側から病床確保の状況を聞くとともに、感染拡大に伴い増加する宿泊・自宅療養の質の確保や病床確保の取り組みを急ぐよう要請した。

政府側は、各省庁所管の病院で確保している病床数や宿泊・自宅療養者数、患者を受け入れる医療機関への緊急支援の概要などを説明した。

出席議員は、宿泊・自宅療養について「血中酸素濃度を測るパルスオキシメーターの配備や食料支援の徹底、オンライン診療の活用を含め、質を向上すべきだ」と要請。病床確保に向けては、国と各自治体との緊密な連携や、診療所の医師の有効活用などを求める意見が出た。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア