公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p14071

ニュース

2018年10月24日

国民の不安払拭急げ

免震・制振装置データ改ざん問題 
党国交部会が政府に訴え

免震・制振装置の検査データ改ざんなどについて説明を受けた党国交部会=23日 衆院第2議員会館

公明党国土交通部会(部会長=中野洋昌衆院議員)は23日、衆院第2議員会館で油圧機器メーカーKYBなどによる免震・制振装置の検査データ改ざん問題で国交省から説明を受け、対策を急ぐよう求めた。

中野部会長は「国民から不安の声が多い。再発防止策を徹底してもらいたい」と強調した。

国交省は、KYBに対し、安全性の確認や速やかな交換を指示するとともに、免震装置メーカー88社を対象に改ざんの有無を一斉調査していると報告し、「全力を挙げて対応していく」と述べた。また、光陽精機が製造し、川金コアテックが出荷した免震・制振装置で、顧客との契約内容に適合しないものが新たに判明したことも報告した。

同日の部会では、日本建築士会連合会などから建築士資格の要件緩和などに関する要望も受けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア