公明党トップ / ニュース / p139662

ニュース

2021年1月13日

3次補正、21年度予算案 公明党の成果(5)

デジタル改革 
行政手続き 簡単で早く 
マイナンバーカード普及促進

新型コロナウイルスの感染拡大で遅れが浮き彫りになった社会のデジタル化。公明党は、デジタル改革に向けた政策を一貫して推進し、2020年度第3次補正予算案や21年度予算案に主張が多く盛り込まれました。

その一つが官民のデジタル改革の司令塔となる「デジタル庁」の設置です。今年9月の創設に向け、21年度予算案に関連予算として3089億円を計上し、行政手続きをワンストップで迅速に行うなど行政サービスの抜本的な向上をめざします。そのために、デジタル庁には、500人規模の高度専門人材の体制をつくります。

デジタル化を進める上で公明党が政府に訴えたのは、「豊かな国民生活と誰一人取り残さない社会を実現させる」との視点です。

これを踏まえ、第3次補正予算案では、デジタル格差の是正へ、高齢者や障がい者にデジタル機器の利用をサポートする「デジタル活用支援員」を全国約1000カ所に配置します。

オンラインでの行政手続きなどに不可欠なマイナンバーカードの普及も強力に進めます。普及促進のための予算として、21年度予算案で1001億円を計上。22年度末に大半の住民が保有することをめざし、自治体での申請の促進や、円滑に交付するための体制整備などに力を入れます。

第3次補正予算案では、マイナンバーカードを十分に活用できる環境づくりに向けて、スマートフォンに同カードの機能を搭載するための実証事業などを実施します。

このほか、医療や教育など多くの分野でデータを活用し、多様なサービスを提供する「スマートシティ」や、デジタル化の進展に合わせたサイバーセキュリティー対策なども進めていきます。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア