公明党トップ / ニュース / p139658

ニュース

2021年1月13日

出産家庭支援 対象広げよ

重症化防止 自宅療養者に血中酸素計 
小池知事に都議会公明党

小池知事(右から3人目)に緊急要望する都議会公明党=12日 都庁

東京都議会公明党(東村くにひろ幹事長)は12日、都庁内で小池百合子知事に対し、新型コロナ対策に関して緊急要望した。

席上、東村幹事長は、子どもを出産した家庭に対し10万円分の育児用品などを提供する事業を2021年度予算案に盛り込むと都が表明したことに言及。今年の4月以降に出生した子どもの家庭としている対象を、今年1月1日以降に拡大するよう訴えた。

また、感染者の重症化防止に向け、自宅で療養・待機している全ての人に、血中酸素濃度を測り、重症化の兆しを把握する測定器「パルスオキシメーター」を貸与する体制を早急に整えることを要請した。

さらに、感染防止対策として、都営のバスや地下鉄の車両内に抗ウイルス加工を実施することを求めた。

小池知事は「要望を踏まえ、検討していく」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア