公明党トップ / ニュース / p139352

ニュース

2021年1月11日

3次補正、21年度予算案 公明党の成果(3)

子育て・教育 
不妊治療、助成を拡充 
小学校で35人学級実現へ 

拡充された不妊治療助成

公明党が長年、主張してきた不妊治療の保険適用が実現に向け大きな一歩を踏み出します。政府は昨年末に閣議決定した全世代型社会保障改革の最終報告で、2022年4月からの保険適用実施を明記。それまでの期間は、今月から現行の助成制度を拡充することとし、20年度第3次補正予算案に必要経費370億円を計上しました。

具体的には、今月1日以降に終了した治療を対象に、「夫婦合計で730万円未満」との所得制限を撤廃し、助成額も「1回15万円(初回のみ30万円)まで」から「1回30万円まで」に増額。助成回数は「生涯で通算6回まで(治療開始時点で妻が40歳以上43歳未満なら3回)」を「子ども1人当たり6回まで(同)」に見直しました。公明党の要望が反映され、事実婚のカップルも対象に加わります。

流産や死産を繰り返す不育症についても、研究段階にある検査の保険適用に向け、今年の春をめどに助成制度を創設します。

一方、教育現場では、公明党が粘り強く訴えてきた少人数学級への取り組みが前進。政府は、21年度から5年かけて小学校の1学級の定員を現行の40人(1年生のみ35人)から35人以下になるよう編成し直します。小学校での上限人数引き下げは約40年ぶりです。

小中学校で整備が進む1人1台端末に関しては、デジタル教科書を普及させるため、小学校5、6年生と全ての中学生に1教科分を無償提供し、操作性や効果を検証します。21年度予算案に20億3300万円が盛り込まれました。

希望しても認可保育所などに入れない待機児童の解消に向けては、21~24年度の4年間で新たに約14万人の保育の受け皿を整備する「新子育て安心プラン」を政府が昨年末に策定。21年度は約5万2000人分を確保するため、予算案に529億円を計上しました。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア